鎌倉 長谷寺

第十二回鎌倉芸術祭 2017.9.24

歴史ある鎌倉の地から、新しい芸術・文化を発信することを
目標として開催される「鎌倉芸術祭」第十二回目となる今年は
10月6日(金)~12月23日(土)の日程で催されます。

鎌倉芸術祭

当山では、11月12日(日)と11月26(日)の二日間を予定しております。

11月12日(日)/秋の香席 「霜月・心と香りを楽しむひととき」

会場:長谷寺 普門寮
香席

1400年余りの歴史を秘めた「香道」では、伝統の作法をもとに香木を焚き、
立ち上る香りを鑑賞すると言う遊びの文化が生まれました。
このしつらえを錦秋の長谷寺においてお楽しみ頂きたく、
御家流の師範をお招きして開催をいたします。

開場:13時30分
開演:14時~16時
料金:3000円 (先着20名様 全席指定)
当日受付:正午12時より
受付場所:長谷寺 普門寮(門前)

※11月12日秋の香席は完全予約制となっております。
予約開始は10月1日(日)からです。
お問い合わせ・お申し込みは 長谷寺 0467-22-6300 まで

11月26日(日)/バリ・ガムラン&舞踊 「バパン・サリ」

開場:長谷寺 上境内 さくら広場
バパンサリHP

インドネシア バリ島に伝わるバリ舞踊は、古くはヒンドゥー教の神々と
交信するための神聖な踊りでした。神への供物といわれるほどで、今でも
奉納舞としてバリ島各地の寺院で踊られています。
「バパンサリ」とは「花の架け橋」という意味で、バリ芸能を通じてバリ島と
日本を繋ぐ懸け橋となるようにという願いが込められています。
鎌倉で宗派を超えての舞踊は今回が初めてとなります。

開演:1回目 11時~  2回目 13時~  (荒天時中止)
料金:無料 (拝観料別途)

詳しくはこちらをご覧ください。

ページトップ